ぐーたら人間のおバカな人生と阪神応援日記とメロディアスHR  - ぴーたろーの人生 ~幼少のころ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | Edit

絵日記~あさがお~


終業式になると、学校から
持ち帰ってくるのが「あさがお」



無題



小さい体ながらも、大きく育った鉢植えを
持ってくるのは、結構大変で・・


しかも、「ぴーたろー」
終業式に「ロッカー」やら「引き出しの中身」やら
その日に、いっぺんに持って帰るタイプだったので
終業式の日は、いっつも


「一日一日で、徐々に持って帰らないからだよー
からかわれてました。



んで、そのアサガオ!



小学校のときは
クラスの水やり当番みたいのが居たので
ラクさせてもらったが、家に持って帰って
自分で見るとなると、いささか
メンドクサイ





何か、イイ方法はないか。
 (というか、ラク出来る方法)





そーだ。冷蔵庫に入れとけばイイじゃん
お花は、涼しい所に置いとけ。って
先生言ってたし



こー考えた時の行動は、自分でも感心するほど
モノすごく早く、すぐさま隣りの家に。


となりの家は、親の仕事上
業務用の大きな冷蔵庫があったのと
そこの子供が、自分とは歳が一つしか
変わらなかったので
そこの家の子と一緒に
鉢植えのまま早速、冷蔵庫の中に入れました。





そして夕方・・





隣の家の子と、ぴーたろーは
親に怒られたのに加え、「あさがお」が
見るも無残に

「しな~~~。と。





その「あさがお」。
成長記録みたいのを、またよせばイイのに
「毎日、絵日記にして書いて提出する」と。


宿題の「絵にっき」は、終業式で終わりました


スポンサーサイト
スポンサーサイト
2012.07.21 01:39 | Comment(10) | Trackback(0) | ぴーたろーの人生 ~幼少のころ | Edit

すべり台で・・

今シーズンの阪神応援も終わり
「な~んもやる気がせず

ぼけ~~
としていたら
早一カ月が過ぎ
(一カ月以上更新しないと変な広告が出るのね
ぐーたら過ぎるのもさすがにヤバイかな~


主に、阪神応援日記で上半期は書いてましたが
これからのオフシーズン何をテーマに書いていこう!?


去年は、サブタイトルにある音楽ネタを書いてみたり
おバカな出来事を中心に書いてましたが
今年は何を書こうかと、悩んでいたところ
最近気になり始めたのが





「もの忘れが多くなってきたこと



じーさん。まっしぐら。って感じですが
最近モノ覚えが悪くなり、今やったことなどすぐ忘れる・・
思い出まで忘れてきたらどーしよう




こりゃいかん




そーだ、このブログは自分の為でもあるので
今までの出来事や生き様を書いて残しておこう

おバカな事は今まで書いてきたから
これからは、ボクの素晴らしき生き様を後生に残すべく
子供の頃から今現在に至るまでの
「ぴーたろー」の良き思い出を・・



とりあえず早速、思いつくまま書いてみよう



えっと。まずは幼稚園の頃の思い出は・・


お遊戯の時間
外の遊び道具の中で「すべり台」があり
幼き「ぴーたろー」も「わいわい」遊んでたころ


当時は「すべり台」も子供たちの間では
人気が高く、その日も園児たちが順番に
「私も。ボクも。

と言わんばかりに
次々と順番待ち。



一度並んでから滑るまで
遊園地のアトラクション待ち並みに
並んでから滑り終えるまで
約5分は、かかってました



そんな、順番待っている間
急に、もよおしてきたのですが



「ここでトイレに行って順番を逃したらもったいない」
ガマンすることに・・



でも、当時4,5歳の幼きぴーたろーは
ガマンすることを知らず
順番待ちをしている最中






ぶりぶりぶりぶり~







しかも階段を上ったアトなので
そのまま戻ることも出来ず
後ろの連中からは
「早くすべろよーとの声が
仕方なく「すべり台」の上をシャーと滑り降りた途端









びちゃーーー






半ズボンの横から物体がはみ出し、滑った後を辿って
見事に茶色いラインが
「べっとり」と下まで






その直後、当然のごとく「キャー キャー」悲鳴が





・・・その後のことはよく覚えてません



ただ、母が迎えに来て、頭をひっぱたかれたことと
その後「すべり台」の廻りにはロープが張られ
しばらく何日かは使用中止になっていたことは覚えているのですが・・


これが物心ついた頃の一番古い思い出

ボクの思い出って一体・・

2011.05.05 00:00 | Comment(2) | Trackback(0) | ぴーたろーの人生 ~幼少のころ | Edit

お昼寝中で・・

その後、何とかやり過ごし
幼稚園も年長になった頃
親の都合で引越をすることに


幼稚園で簡単なお別れ会を行ってくれ
先生が、皆で食べようと机の上にお菓子を出してくれた時
他の園児から




「コイツ、食べるとウ○コするから食べちゃダメだよー



すぐさま心のゴングが鳴り、子供のケンカに発展



小さい時に下関係で何かやらかすと決まってアダ名が
う○こマン!



結局、子供同士のケンカで幕を閉じ
その後、無事!?幼稚園を中退
現在の実家のあるとこに引越しをして
両親が共働きの為、保育園へ編入することに・・


幼稚園での前科をしらない保育園では、
皆ともうまく遊んでおり
その点では不自由なく過ごしてました

また、保育園では、お昼ごはんを食べたアト
教室にそれぞれ各自で布団を敷いて「お昼寝することが
日課となってました




ある時、お昼寝中

ふとパンツの前の方が濡れているのに目が覚めて







・・やっちまった








完全に布団までも濡れており
その場で青ざめている自分が・・







(幼稚園でのアダ名の再来かー)
(今度は「おねしょマン」かー)






イヤだー 絶対イヤだー





ところが、ふと横を見ると
隣で寝ていたヤツの寝相が悪く
「ぴーたろー」の寝ていた陣地に転がりこんで来ているのを見て








・・使える







すぐさま、おもちゃ道具の中にあった
「水鉄砲」を持ち出し
彼の股間に目掛けて発砲!


自分は、あたかも寝相が悪いように見せかけ
隣の子の陣地に転がりこみ寝過ごすことに・・




その後、起床時間になる直前
被害者の子が先に起き出し、
先生に連れられコソコソとトイレ方面に
連れかれるのを目撃しました




悪だくみを初めて覚えてしまった6歳のころ

今思えばここからが「ぴーたろー」の人生を大きく
狂わせてしまったのかも・・


2011.05.04 23:59 | Comment(2) | Trackback(0) | ぴーたろーの人生 ~幼少のころ | Edit

保育園での続き・・

相変わらず保育園で
平穏な日々を過ごしていた頃

災害は忘れたころにやってくるとは良く言ったもので
いつものように「お昼寝をしているとき
ふと前の方が濡れているのに目が覚めて






また、やっちまった・・







前回は何とかゴマかしたが
今回はどーしたもんか
しかも前回に比べ、なんだが多いような気がする・・




当然、まず考えることは一緒
前回のようにと考えたところ
普段、寝相の悪い隣の子は
今回に限ってツタンカーメンの棺桶のように
毛布にくるまって行儀よく寝ている・・





だめだ!使えない



(他に何か、ないのかー
(誰にもバレずに済む方法が・・



こーして考えている間にも
刻々と時間は過ぎ、もうすぐ起床時間に


(どーしよー。何も思い浮かばない

(おねしょなんかしてない!
って言い訳出来ないほど濡れているし・・)






考えている最中、何気なく視線を感じ横を見ると
一人の女の子が「ぴーたろー」の事を
ジーと見ているのに気が付き










(見つかったー!








(もーだめだー!
(ここでもついに「おねしょマン」のアダ名かー])


きっと皆が起き始めたころには広まって
幼稚園の再来に。一生おねしょマンのアダ名で呼ばれるんだろうな

すでに6歳にして人生終わった

途方に暮れていた矢先・・

ぴーたろーを見ていたその子、突然







「水遊びしにお外に行こーよ!






と、運動場に連れて行かれ
水道に繋がれているホースを
ぴーたろーの全身にバシャバシャ


しばし、お互い水の掛け合いをしていると
当然、先生からは




「何をしてるの!





早く起きたから「ぴーたろーくん」と
水遊びしてたのー




人のやさしさを初めて知りました

2011.05.04 23:58 | Comment(0) | Trackback(0) | ぴーたろーの人生 ~幼少のころ | Edit
«PREV | PAGE TOP |  NEXT»
TMP Designed by I'm looking for.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。